1. ホーム
  2. ボタニカルシャンプーコラム
  3. ≫美容師レベル!ボタニカルシャンプーを使った洗い方をわかりやすく解説

美容師レベル!ボタニカルシャンプーを使った洗い方をわかりやすく解説

Pocket


美髪をよみがえらせる秘訣は、シャンプー選び×洗い方の見直しにあった!

せっかく髪に良いボタニカルシャンプーを選んでいても、洗い方が間違っていると、かゆみや抜け毛やフケといった症状が治らない、もしくは悪化してしまうこともあるんです。

こんなお悩みに覚えがある人は、特に要注意!

  • 丁寧に洗っているのにフケがでる…
  • 自己流の洗い方、すすぎ方が合っているのかわからない
  • 育毛目的でボタニカルシャンプーに変えたけど抜け毛が改善されない
  • どのシャンプーもイマイチ合わないと感じる

このページでは、ボタニカルシャンプーの効果を最大限に活かすことのできる洗い方をわかりやすくレクチャーしていきますね。

美容師さんも実践のシャンプー法で、若い頃のように「さらさらなのにコシのある美髪」に戻しましょう!

【5ステップ】正しいシャンプーの方法とは?


シャンプーをつける前からすすぎまで、手を抜かないことが肝心!


毎日のシャンプー、なんとなくササッと終わらせてしまっていませんか?

シャンプーの正しい手順は、ブラッシング → 予洗い → 泡立て → マッサージ → すすぎです。どの工程も丁寧に行うことが大切です。

ブラッシング

シャンプー前にはブラッシングをしましょう。省いてしまいがちな手順ですが、実はかなり重要なんです。

髪が絡んだ状態でシャンプーをすると、髪や頭皮に負荷がかかって抜け毛の原因にとなりかねません。

また、ほこりや汚れを落とすだけでなく、血行促進によるマッサージ効果も期待できますので、丁寧なブラッシングを心がけましょう。


予洗い

シャンプーを付ける前に、お湯でしっかりと髪と地肌をすすぎましょう。

ポイントは、髪の表面を濡らすだけでなく、指の腹を使って頭皮までしっかり洗うことですね。

ここまでの工程で、汚れのほとんどを落とすことができるんです。これによってシャンプーの泡立ちもよくなり、髪と頭皮の負担を軽減することができますよ。


シャンプーを泡立てる

シャンプーを手にとって、直接つけるのはNGです。

手のひらで泡立ててから頭皮につけることで摩擦を少なくし、キューティクルが傷つくのを防げます


頭皮をマッサージするように洗う

ここまできて、ようやくシャンプーをつけていきます。

頭を5か所くらいに分け、泡をおきます。その泡を、指の腹でなじませていきます。このとき、髪を洗うというよりも、頭皮をマッサージすることをイメージしてください。

くれぐれも、頭皮を傷つけるようなゴシゴシ洗いは避けてくださいね!

頭頂部は汚れが溜まりやすく、皮脂が詰まりやすいので、指を交差させながらジグザグと念入りに行います。


すすぎ

目安は3分!

シャンプーが残っていると、頭皮の乾燥や肌荒れの原因となります。すすぎ残しがないように、丁寧にすすぎます。

特に、耳の裏や襟足などは見落としがちなので意識して流すようにしてくださいね。

正しい洗い方の手順に加えて、乾かし方も重要なポイントになります。乾かし方については、他のページでご紹介しますので、そちらを参考にしてくださいね。

ブラッシングや予洗いといった、シャンプーをつける前のケアも大切なんですね。

次章では、フケや薄毛など、具体的な悩みがある場合はどのような洗い方が効果的か、もう少し詳しく掘り下げてみます。

フケや薄毛に悩んでいる人!頭皮の洗い方ポイント


フケや薄毛などのトラブルを抱えている人に効果的な洗い方をご紹介します。

基本的な洗い方は同じです。前章でご案内したステップ1~5の工程をしっかりと行いましょう。さらに、頭皮を洗うことをしっかり意識して下記の注意事項を守れば、より効果的です。

  • フケにお悩みのあなたは…
  •  ・お湯の温度は36~39℃
     ・シャンプーは一日一回、夜に行う

  • 薄毛にお悩みのあなたは…
  •  ・シャンプーは湯船につかってから
     ・頭皮マッサージとツボ押し

    

フケにお悩みの方必見ポイント!

お湯の温度は36~39℃

お湯の温度が高すぎると必要な皮脂まで落としてしまい、低すぎると汚れが落ちにくくなります。どちらもフケの原因となりますので、注意が必要です。

フケ対策に最適なお湯の温度は36~39℃です。少しぬるく感じるくらいが良いですね。

シャンプーは一日一回、夜に行う

フケにお悩みの方は、人目を気にして朝シャンをしている人も多いかと思います。

でも、朝晩シャンプーをするのは洗いすぎです。頭皮が乾燥してフケの原因になりますよ。それに、朝シャンをして皮脂が足りない状態だと、紫外線の影響を受けやすく、さらなる悪化につながってしまうんです。

一日一回しっかりと夜にシャンプーをして、頭皮に溜まった一日の汚れを落とし、清潔な状態で眠るように心がけましょうね。

チェック!フケにお悩みの方におススメのボタニカルシャンプーは…?

薄毛にお悩みの方必見ポイント!

シャンプーは湯船に浸かってから

体全体を温め、頭皮の毛穴を開かせてからシャンプーすることでしっかり汚れを落とすことができます。

また、体全体の血行を促進することで、頭頂部の毛細血管の血流も良くなり、健康的な髪につながります。

頭皮マッサージとツボ押し

シャンプー中に、薄毛に効果的な頭皮マッサージとツボ押しをプラスしましょう。

  1. 手を温める
  2. 3本の指で耳上から頭頂部へ揉む
  3. 頭のてっぺんまできたら、ツボ(百会)を垂直に押す
  4. 3本の指でおでこの生え際を中心から外側に向かってこめかみまで揉む
  5. 全部の指で頭皮全体を軽くたたく
  6. 頭蓋骨の下、生え際のツボ(風池)を押す

頭皮マッサージは気まぐれでなく、毎日行うことが大切ですよ。

チェック!薄毛にお悩みの方におススメのボタニカルシャンプーは…?

シャンプーの香りが残る洗い方ってあるの?


シャンプーの香りを髪に残したいなら、ブラッシングや予洗いは必須!

髪や頭皮が傷んだり汚れていると、せっかく自分に相性のいい香りのするシャンプーを使っても、有効成分が浸透せずに効果が半減します。

つまり、ブラッシングや予洗いなどの基本をきちんとすることが良い香りを残すための第一歩ですよ。

すすぎを軽めに済ますのは、頭皮が不衛生になって逆効果になるのでやめてくださいね!

チェック!あなたに相性のいい香りのボタニカルシャンプーは…?

シャンプーは上向きと下向きどっちの洗い方がいいの?


シャンプーをするときは上向きが断然おすすめ

下を向いてシャンプーをすると髪が逆毛になり、キューティクルが傷つきやすくなるのでシャンプーするときは上向きで行いましょう。

流すときも上向きがおすすめです。下を向いていると泡やお湯が顔へ流れるので、顔の皮脂まで過剰に洗い流してしまって、乾燥させてしまいます。

さらに恐ろしいことに…下を向いてシャワーを当てると、温まって柔らかくなった頭皮が下へ引っ張られ、女性の大敵「顔のたるみ」の原因にもなってしまうんです。

美髪のためにも、美肌のためにも、シャンプーは上向きでしましょう。

シャンプーに最適な時間ってあるの?


夜の22時までに終わらせるのが理想。

シャワーやお風呂は空いた時間に済ます、という人がほとんどだと思います。

でも、美髪を目指すならなるべく夜の10時までには済ませましょう。お肌と同じように、夜10時~午前2時までが髪を補修するゴールデンタイムなんです。

また、朝シャンはおすすめできません。シャンプー後は皮脂が不足した状態になるので、紫外線の影響を受けやすくなるからです。

シャンプーは夜にする。そして、時間は22時までに済ますのがベストですね。

相性の良いボタニカルシャンプーと洗い方で髪質は変えられる!

いかがでしたか?

たかが洗い方、されど洗い方。何も気にせずにシャンプーしていると、美髪になれるせっかくの機会を逃してしまっているかも…

もし「年齢とともに髪質が変わった」と悩んでいるなら、ぜひ一度、洗い方を見直してみてください。

それから、悩みや髪質に合ったボタニカルシャンプーを使うこともとても大切ですよ。せっかくお高いボタニカルシャンプーを買っても、選び方を誤ってしまうと、お悩み倍増となりかねないので注意が必要です。

正しい洗い方をマスターして、相性のいいボタニカルシャンプーを使うことで、若い頃のようなさらさらなのにコシのある髪を呼び戻しましょう。

42種から選ばれた神ボタニカルシャンプーは?>>

シェアはこちらから

Pocket

※全42種類のボタニカルシャンプーの使用感口コミや成分の安全性を徹底比較!本当におすすめできる優秀シャンプーをランキング化しています。